日本橋の結婚相談所 トモカイの婚活ブログです。結婚相談所で効率よく結婚する方法をお届けします。

私は、会員さんを兄弟姉妹のように思ってお話しします。

でも、これは会員さんの事を100%純粋に思っての事ではなく、私自身のエクスキューズでもあるんですね。

1つは、兄弟姉妹と言う味方の立場としてなら言うべき事は言える。と言う事です。味方だから言いにくい事であっても伝えて良い!と自分に言い訳しているんですね。

2つ目に、会員さんの為を思ってのことですから、耳障りが悪くても怒ったら駄目ですよ。と会員さん側の許容の範囲を広げてもらう意味も大きんです。

アドバイスを求められたり、助言する立場として、一番楽なポジションが会員さんの事を兄弟姉妹だと思う事なんですね。

そうしないと人にダメ出ししたりする勇気が出ないんですよ。

ダメ出しって、言われる方は嫌だと思うんですよね。

意識していることでも、していない事でも自分を否定する言葉は聞いて決して気持ちの良い言葉ではない。

少し聞いただけでゲンナリしてしまう・・・

それは、男女の仲でも同じです。

よくあるのは、ある程度仲良くなった女性が男性に、気になったことすべてにダメ出しをし始めるというパターンです。

女性からすれば、男性をより自分好みにカスタマイズしたいのでしょう。

悪気はないし、善意でもあります。

ただし、言われる方はとんでもなくストレス感じていることを理解すべきです。

服装

話し方

姿勢

食べ方

髪型

デートコース

男性を思ってダメ出ししている事あっても、男性は確実にストレスを溜めています。

多くの場合、そこで小さな喧嘩になり女性側も相手を怒らせないような距離のをとり2人の関係を大事にしようとしますが、喧嘩にもならずに男性が全面的に受け入れてしまうと女性側のダメ出しが勢いを増します。

そして、やがて

我慢の限界を超える。

大げんかになるか別れを決意される。

という結果になります。

女性の方が男性よりも、細かい部分に目が届き男性の未熟さが目につくという事はあると思います。

しかし、だからと言ってダメ出しだけをすれば良いというものではありません。

1つダメ出ししたら2つフォローする。

2つダメ出ししたら4つフォローする。

女性がそう心がける事で、相手の男性はストレスなくイイ男に育っていきます。

私も子供のころ

テストでひどい点数を母親に叱られた後に、

「お前は、やればできる子だから怒るのよ!」

とやる気を出させるフォローの言葉を言われ、その日だけは勉強を頑張った記憶があります。

その日だけは・・・

トモカイがお届けしています。

婚活をしないで結婚した人というのは

たまたま、結婚を考えた時に付き合っている相手がいた

とか

付き合っているうちに子供ができた

とか

そんな理由でしかないんですね。

結婚したことが良い事だとすれば、ラッキーだっただけの話です。

ほとんどの人は人生で付き合った、数人の中でタイミングが合った人と結婚しています。

結婚前に付き合える異性の数は、せいぜい数人

何十人も何百人も付き合えるわけじゃない。

結婚を考えた時に、たまたま特定の異性がいた。

それだけの話です。

だから、

結婚できる人になるにはどうしたら良いのかな?なんて考えるのは意味がないんですよね。

ラッキーだっただけ

でも、その事実を結婚した人もしていない人も気が付いていなかったりするんです。

婚活を必要としなかったラッキーな人は、自分は正しかったから 偉かったから 上手だったから 魅力的だったから 積極的だったから 賢かったから 

等と理由づけをして威張ったりしますが、それは違う

ラッキーだっただけ

なんです。

そして、そのラッキーがなければ婚活をするしかないのも事実です。

今年も4月になろうとしています。

年内に結婚を希望するなら、動き出すタイミングはここがリミットです。

面倒くさがっている間にあっという間にもう4月です。

トモカイがお届けしています。

結婚相談所では、基本的には決まったお見合いはキャンセルは出来ません。

やっぱりやーめた!

というのは認められないんですね。

しかし、人間生きていれば、のっぴきならない事情やむにやまれぬ事情というもので計画を断念せざるを得ない場合はある訳です。

その場合、

相手に5000円の迷惑料を支払いお見合いをキャンセルできるルールが存在します。

キャンセル料5000円ナリ

ここで考えてもらいたいのが

5000円払ったんだから問題ないだろ!

って考えられると、結婚相談所としては辛い・・・

当会の会員さんがキャンセルしたのなら、当会は先方の相談所に謝罪し即日、先方相談所の指定口座にキャンセル料を送金します。

こちらが迷惑かけた場合には、すぐに処理して相手側の心証を少しでも良くしたいのです。会員さんからの集金など待ちません。

もちろん、お見合い料も発生しませんから、それまでの手間などは全て無償労働になります。

それはいいんです。

会員さんが不利益なのに、こちらが利益を得ようとは思いません。

ただね・・・

理由があろうと、なかろうと少なくてもお見合いキャンセルによって

お相手の方、お相手の担当者、当会にはそれぞれ、多寡はあれ迷惑はかけているという自覚は欲しいんですよね。

人間生きていれば、誰かに迷惑をかけ、誰かに迷惑をかけられて生きていくしかないのはみんな同じです。

でも、迷惑かけたならかけたと思ってほしい・・・

私も、会員さんや他の相談所、会員さんのお見合い相手に迷惑をかける事はあるはずです。

でも、かけたら

禿げ頭下げて詫びます。

そして、申し訳ないと思います。

次に会った時に、「この間はすいませんでした。」と言います。(忘れていたらすいません)

お見合いのペナルティー料金は、

交通違反の罰金とは違うんですね。

払ったから文句ないだろではないんですね。(文句は言いませんが)

ちなみに当日のすっぽかしなどは金 1万円ナリ です。

トモカイがお届けしています。

結婚相談所では、お見合いからお付き合いが始まった時点での2人の関係は、デートする約束をした相手でしかありません。

好きとか、愛してる とかではなく

今度デートしましょう。

という関係でしかないんですね。

このデートを数回繰り返し、2人は距離を縮め結婚を前提とした恋人関係になっていくのが、結婚相談所の流れです。

さてさて

何度かのデートの後、男性が告白したとします。

女性の答えがイエスなら言う事ありません。幸せな日々を過ごすだけです。

問題は、女性の答えがノーだった場合です。

男性は絶望の谷に叩きおとされた気持ちになるでしょう。

悲しい気持ちなるでしょう。

しかし、大丈夫です。

まだ、チャンスはあります。

何度かデートした後の告白で、女性が断る形で多いのが

まだ、そういう気持ちになれていない。

とか

友達としては楽しいのだけれど

とか

もう少し時間をかけて判断したい

というものが多くなります。

この場合、男性が取るべき手段は

そこを何とかお願いできませんかね?

と粘るのではなく

はいはい、わかりました。さようなら。

と諦めるのでもなく

とりあえずは、女性の提案を受け入れる事です。

そして、少しの間連絡も控え、女性の気持ちの変化を待ちます。

4〜5日おいて、再びデートに誘ってみて下さい。

2人の間に愛情の種がまかれていれば、その間に芽が出ています。

女性と再度のデートができた時、再び告白しましょう。

逆転OKの可能性は大いにあります。

そこでもダメなら、この先の進展は難しいかもしれません。

デートには応じてくれても、その先には進めない可能性が高く、この勝負は撤退が最善の策になります。

男性のみなさん

告白には2度チャンスがあります。

トモカイがお届けしています。

トモカイでは

必要書類の確認が出来れば、最短でその日からの活動が可能です。

仮に、木曜日に必要書類の提出を頂ければ、最短で当日、通常でも翌日金曜日からの活動が可能になっております。

疾きこと風の如く(はやきことかぜのごとく)

トモカイがお届けしています。

お見合いで簡単に出来て、相手への印象を格段にアップさせたいのであれば

お見合いで、会った瞬間と別れの瞬間を笑顔にしましょう。

これだけで、相手へ与える印象が随分と違います。

仮に、挨拶の瞬間に緊張してこわばった表情であったとしても、別れの瞬間に笑顔があればマイナスは取り返せます。

出会いの瞬間に笑顔があれば、

その後のお見合いがスムーズになる可能性が上がります。

別れの瞬間に笑顔があれば

今日のお見合いが有意義だったと印象つけることが出来ます。

そして、相手は別れ際のあなたの笑顔を思いだし、あなたを笑顔の素敵な方だったな。と思いだすでしょう。

人の屈託のない笑顔は大抵素敵なものです。

別れの時間が寂しくて悲しい顔になるのはまだまだ先の話。

お見合いの場では笑顔で別れなければいけません。


トモカイがお届けしています。

男女の仲で破局があれば、振られた側は別れの本当の理由を知りたい

そう思いますよね。

ただし現実に聞いたところで

相手が本当の理由を言う事は少ないでしょうね。

そりゃ

理由を言って、感謝されたり、喜ばれたりするのなら誰だって言います。

でもそうじゃない。

ほとんどの場合、正直に言ったら損をする

正直に言う事で

恨まれたり

怒られたり

泣かれたり

正直に言って損するなら言わない。普通はそう言う選択をします。

そもそも論になりますが

男女の別れでお互いが納得・満足なんていうのは、お互いに相手の事が好きじゃなくなっている時です。

嫌い同士なら、

「別れましょう!」

「おお!グッドアイディア!」

がっちり握手をかわして「シーユー」と別れることが出来ますよね。

でも、どっちかに未練があればそうはいかない。

振る側は、なるべく相手を傷つけない。なるべく自分が悪者にならない。

そういう方向の理由を伝えます。

結局、聞いたところで本当の理由は教えてはくれないんですね。


それでもどうしても知りたい。理由だけは知りたい。という場合には以下のような方法があります。

男性「ごめん。もう付き合えない。」

と言う様な別れを切り出された場合、「どうして?」等と聞くのではなく

女性「だよね。私もずっと考えていた。」

と同調するのです。

男性は「えっ?そうだったの?」と驚きます。そして、自分が悪者にならない、恨まれることがないとほっとするんですね。

女性「私もずっと、難しいと思っていたんだ。〇〇君もそう?」

等と相手の真意を誘導していくわけです。

相手は自分は悪者にならない。
「な〜んだ!同じ事考えていたんだ。悩んで損しちゃったな。」と安心し本音を吐露してくる可能性が高まります。

ただし、「真実が最も臭い」と言うように、耐えきれない言葉が吐き出されるかもしれません。

相手の口から吐き出される容赦ない言葉に

「おのれ〜言わせておけば調子に乗りやがって〜この小童!成敗してくれるわ!」

等と最後の大ゲンカ!なんてことにならないように気を付けて下さい。

トモカイがお届けしています。

「やよい軒」って定食屋さんがあちこちにありますよね。

お弁当の「ほっともっと」の定食屋部門の全国チェーンだとか?

焼き魚でも野菜炒めでも大抵美味しいですが、私はやよい軒の玉子焼きが一番好きなんですね。

180円

とても美味しんです。

ある日の夜、家でチビチビやりながら女房にリクエストしたんです。

玉子焼き作って!と・・

女房は「当店の営業時間は終了いたしました。またのお越しをお待ちしております。」との事

仕方がないので

私は「玉子焼き作ったらイイことあるよ〜とってもイイことあるよお〜」

とニンジンをぶら下げます。

女房は「何?イイことって何?」

針に引っかかったようです。

私は「玉子焼きつくったらわかるよお〜」

と釣り上げにかかりますが、

女房は「言わないならいいや。」

と作ろうとしません。

仕方がないのでCOOKPADみながら自分で「玉子焼きやよい軒風」を作りました。

とても美味しかったです。

半分食べた女房も美味しいと言っていました・・・


さて、お見合い等で女性の趣味が料理等という話になると

男性が間髪を入れずに

「今度作って!」

等と言うケースがよくあるようです。

男性に悪気はないんですね。

本当に次のデートで作って持ってこい!とも思っていない。

でも、2人の仲にまだ距離がある段階での「今度作って!」はまだ早いんですね。

料理作って!=自分に愛情注いで!

って事でもあるんですよ。

言われた方はちょっと困るんですね。

お付き合いが続き、2人が親しくなり、料理の話になり

男性「へえ〜美味しそうだな」

女性「今度、作ってあげようか?」

男性「うん。食べたい!」

と言う様な流れであれば、女性も悪い気はしません。ますます仲良くなれるはずです。



玉子焼き、やよい軒行かれることがあったら、頼んでみては?と思います。


トモカイがお届けしています。

よく婚活で女性は男性のどこを見ているか?男性は女性のどこを見ているか?

なんて話題が出たりします。

確かに女性は男性の色々な所を見ています。

年齢

体型

家族

学歴

職業

収入

性格

さらには

健康

趣味

体臭

交友関係

清潔感はあるか?

精神的耐久性はあるか?

浮気性ではないか?

変態的な性的趣向を持っていないか?

依存症を持っていないか?

過度なマザコンではないか?

過干渉な母親はいないか?

酒癖が悪くないか?

DVモラハラなどの心配はないか?

例え世界を敵に回しても私を守ろうとするか?

私がミスをおかしても笑って許すか?

私がとんでもないミスをおかしても少し怒っただけで許すか?

私が絶望的なミスをおかしても2人で1からやり直そうと言ってくれるか?

等と様々な点を見て男性を観察して判断しようとします。


逆に男性は

年齢

容姿

そして

金がかからないか?

という3点を見て女性を判断しようとします。


実際はもっとあるのかも知れませんが、まあそれぐらい違うって事です。

トモカイがお届けしています。

村上春樹の新作が深夜に発売されたんですね。

深夜なのに本屋前には行列して買う人が多くいたとか。

私は、村上春樹の良さがよくわからないんですよね。

世界の終わりと・・・とか羊をめぐる冒険とか海辺のカフカとかノルウェーの森とか面白いと言われているのを何作か読んだんですけど、よくわからない・・・

そこで不安になるんですね。

世間でこれほど評価されている作家の作品を理解できないのは、ダメなんじゃないか?

それとも調子が悪かっただけか?

そう思って読むのですが、何作読んでもよくわからない・・しっくりこない・・

途中途中で文章が上手いな。とか何だか深い意味がありそうだな。とか言うのはわかるんです。

でも、読み終わった後にはいつも

なんだったんだろ?と思うんですね。(それが魅力だという人も多いですけどね。)

私は、世間の評価が高くても自分が評価できない事があると、自分の評価能力を疑うタイプなんです。

自分の能力を過信して偉い目にあったことが何度もあるからです。

しかし、世の中にはそうでないタイプの人もいます。

世間の評価と自分の評価のズレは、自分側が世間一般より高度なジャッジをしていると考えるタイプの人です。

その可能性も確かにありますし、私もそう思いたい。

さて、村上春樹の評価は別にして

婚活・男女の仲については、どっちだかわからない場面ではネガティブな判断の方が正しい事が多いんですよね。

相手の気持ちがわからない時

自分の気持ちがわからない時

残念ながら、確率的にはネガティブな方の予想が当たることが多いでしょう?

夢のない話ですが、そういった事実を事実として認めた上で婚活をしていく方が、自分と相手のポジションは正確に測れます。

自分がゴールから遠い位置にいるなら、ゴールに向かって前進すべきですし、ゴール前にいるならシュートをうつべきです。

位置がわかれば、やるべき事するべき事が正確に判断できるんですね。


トモカイがお届けしています。

良縁ネットの提携先のサンマリエ会員さんとのお見合いは、

お見合い時のお茶代はワリカンがルールになったようです。(サンマリエ会員さんとのお見合いだけで、それ以外のお見合いには適用されません。)

お茶代を男性が負担するのが当然ではないというスタンスですね。


「サピエンス全史」という人類の歴史とこれからについて書かれた本がベストセラーになっています。

サバンナの隅っこにいた我々人類の祖先が、妄想する力を得たことにより地球上の覇者となっていくって事なんですが、その歴史の中には今では考えられないことが常識として通用していた時代があったんですね。

女性の人権とか奴隷制度とか、

逆に言えば、昔の人には現代の常識など考えられない。

そして、その常識はどちらが正しいとも言えないんですね。

普遍的な常識などないって事です。

驕り?

ワリカン?

現在の結婚相談所が、男女の仲として常識だと思っている事も、時代が変われば当然変わっていくのでしょうね。

ただし、

現在ではまだ、男性がご馳走してあげたほうが婚活の成功率は上がります。

何より女性が喜ぶからです。

驕る側の男性のお伝えしたいのは

女性は奢ってもらう事を決して普通だとは思っていません。

奢ってくれるという普通じゃない事を自分にしてくれるのがとても嬉しいんです。

驕った好意は確実に相手に届いていますよ。

奢られた女性にお伝えしたいのは

男性に普通じゃない事をしてもらったのなら、感謝をしっかりと伝える必要があります。

それが出来ないというのは、せっかくの好意を無碍にするとても失礼な事です。

それが、2017年現在の常識です。

西暦3000年には、女性が奢るような時代になってるかも知れませんけどね。

サピエンス全史はベストセラーになるだけあって、読んでいて駅を乗り過ごしてしまったくらい面白かったですよ。お勧め!

トモカイがお届けしています。

ちょっと言わせて頂きますね。

トモカイの本音の宣伝です。


悲しいかな結婚相談所には結婚を確約できる力はありませんし、相性を一目で見分ける能力も理想の相手を瞬時に惚れさせる力もありません。

基本的には、ご本人の行動と運に左右されるところが大きくなります。


ですので、

出来る事は全てします。


可能な限り情報量は多く

できるだけ料金は安く

何よりも連絡・返事は早く

いつでも利便性をよくと思っています。

写真やプロフィールの変更は無料で行いますし、ご相談もお相手のご紹介も無料です。

夜は21時まで営業しますし、定休日でもお見合い調整は可能ですし、至急の連絡は受け付けています。

電話ならいつでも、メールなら頂いた当日中にはお返事します。

会員さんを弟妹兄姉と思ってアドバイスします。

16年間のデーター・経験から的確に婚活をサポートします。

結婚をお考えであれば、是非ご相談ください。

もちろん、入会のセールスなどしませんし、こちらから連絡する事もありません。

出来ない事を出来るとは言いませんし、出来る事は全てします。

自分自身がユーザーであれば、登録したい結婚相談所であると自負しています。


婚活ならトモカイにご相談ください。

いざ結婚が具体的になれば不安も出てくるのは普通の事です。

幸せの保証なんてないんですからいくら考えても答えは出ないでしょうね。

だったらどうしたらいいのか?


1年は365日だと言われていますが、詳しく言えば約365.2422日なんです。


現在使っているグレゴリオ暦では365.2425日


その差0.0003日


つまり1万年で約3日の誤差が出てくるって事です。


3,000年ちょっと先には1日の誤差が出ます。


この誤差をどうするか?


人類はどうしたのか?


どうやって解決を試みたのか?



それは




3000年先までに考えればいいんじゃね?



と言うものです。


考えても仕方のない事は、その時考えればいいんです。


結婚もそう。


考えても見つからない答えなら、その時に考えればいいように思います。


将来不安におびえて立ち止まるのはもったいないですよ。


トモカイがお届けしています。

私は、人にキムタクに似ているとか言われたら

そうだったのか?

と思いますが、

2〜3日で「いや、それはない!」

とジャッジできる優秀な頭脳を持っています。

そして、私をキムタク呼ばわりしたその人を警戒します。

一体、何が目的だ?

金か?

体か?

決して、おだてを鵜呑みにして調子に乗る事はありません。

しかし、

私がいつものように少しだけ盛った自慢話を感心して聞いてくれるような人が相手の場合には、ついつい調子に乗って話過ぎてしまう事があるんですね。

普段であれば、言わないような部分まで話させられてしまうんです。

この手の人たちは、調子に乗って全てを話した私の人間性のぺらっぺらの薄さを見抜き嘲笑します。

これが

聞き上手という人です。

皆さんも

つい乗せられて余計な事まで話してしまったというような経験がありませんか?

お見合い等では

相手が聞き上手だな。と思った場合には話過ぎに注意が必要かもしれませんし、逆に聞き上手になれば、多くを話す相手の本質がわかるというメリットもあります。

本質を知るためには「?」とか「ダメでしょ」と思うような事を相手が話しても、否定しにかからない事です。

そこを肯定的にスルーすると、相手は踏み込んで話続けます。

話続けて赤裸々になった姿こそ、相手の本質なんですね。

気持ちよく長舌ふるった私はいつも見抜かれます。

金箔のような薄さを・・・

トモカイがお届けしています。

今年も始まったと思ったら、もう2月になるんですね。

年々、時が過ぎるのが早くなるとは言いますが、個人的にはそれが加速しているような気もするんです。


さて、嫌な事を言いますが

2017年は確かに始まってから1か月しかたっていません。

しかし

2017年に結婚するなら、今動き出さないといけません。

結婚は、出会ってから実際の入籍までに1年弱の時間が必要になります。

今日知り合って意気投合!それじゃ明日入籍ね!って訳にはいかないんですね。

子供が欲しいのなら、さらに10か月は必要。


それも、結婚相談所での話です。


結婚相談所でなければ、出会ってから結婚までは平均で4年半かかります。

出会う

お互いを知るために交際を始める

結婚相手として付き合う

婚約する

結婚の作業を進める(家族紹介・会社報告・住居・家具・家電・結婚式準備・新婚旅行・仕事)

入籍結婚

これを1か月や2か月でこなす事は出来ないんですね。(ビックダディを除く)

年内の結婚を望むであれば、動き出すのは今です。

トモカイがお届けしています。

お見合いから交際成立すれば、最初の食事となります。

知っている良い店があれば良いのですが、待ち合わせのエリアにそれがない場合は、「食べログ」等で調べることもあると思います。

高得点で価格も手ごろ、料理も美味しいお店を発見

良いお店見つけた!と喜んだ男性は食べログの口コミを見てみます。

すると、そこにはお店のコスパを絶賛する口コミが満載です。

コスパ最高!

抜群のコスパ!

このコスパには脱帽!

マジで納得のコスパ!

驚きのコスパ!

信じられないコスパ!

コスパ

コスパ

コスパ

コスパッ!イエィ!

コスパに優れているお店は良いお店なのでしょう。是非行ってみたいです。

しかし、ビバコスパ!と連呼されているお店は、最初のデートでは使いにくくなりますよね。

食べログでコスパ絶賛されている店は

大抵混んでて落ち着いた話ができにくかったり、女性にコスパ至上主義者だと思われるのも嫌だったり、有名なお店が多いので女性は既に行った事があったり、

コスパ抜群ゆえのマイナスもあるんですよね。

男女の仲では、最初のデートまではコスパは無視しても良いかな?と思います。

コスパよりも、

雰囲気は落ち着けるか?

料金は安すぎず高すぎずの設定か?

女性の出やすい(帰りやすい)エリアか?

等を重視したほうが最初は喜ばれます。もう1つ、最初の食事は何かに突出していないお店が良いと思います。

激辛とか大盛りとか、監獄テーマとか、エロティックなムード満点とか、汚すぎるが美味すぎるとか、

そういった特殊な店は避けて、王道を行った方が次に繋がります。

トモカイがお届けしています。

正直言えば、わかりやすい魅力がある男性には女性と付き合うノウハウなど必要ないんですね。

好きな相手なら素直に

好きだ!

素敵だ!

魅力的だ!

を繰り返し言っていれば大抵うまくいきます。

魅力的な男性が、そう言い続ければ女性の気持ちは揺れ始めます。

160kmの剛速球なら、余計な事など考えずに力いっぱい投げれば良いのです。

結婚相談所でもそうです。

極めて好条件の男性なら、ただただ真っ直ぐに気持ちを伝えれば良いだけです。

作戦など必要なしです。

しかし、

一般的な男性はそう簡単にはいきません。

110kmの速球なら、緩急、配球、コントロールに注意しなければ相手を打ち取ることは出来ないんですね。

女性との交際における、配球、緩急とは行動で好意を積み重ねていく事です。

ある程度の好意を行動で示したうえで、はじめて言葉が役に立ちます。

そこを理解しないと、告白して玉砕 告白して玉砕を繰り返すことになります。


もちろん、魅力は相対的なものです。

160kmの剛速球もメジャーリーガーなら打ち返すでしょうし、130kmの速球でも中学生なら打てません。

お金持ちだからとか、ハンサムだからOKという単純なものではないのは、眩しいほどの私の魅力にこの国の女性が気が付かない事でもわかります。


トモカイがお届けしています

お見合いからお付き合いになれば、次は食事に行く事になると思います。

お互いに食事を一緒にする事により相手を良く知ろうとするわけですね。

さて

食事のデートで男性が一番嫌う事は何だと思いますか?

「この女性との結婚はない!絶対にない!ネバー!」

そう断言できてしまう女性の態度とは?

マナーとか会話の内容、服装や仕草などお別れには様々な原因はあるでしょうが、一撃必殺、生きとし生けるオスすべてが嫌う事とは?


それは


高いの頼んで残す事です。

一番高いの頼んでおきながら、平気で残す。


残された料理を見ると、男性は泣けてきます。

切なさがこみあげてくるのです。

簡単に残しやがった・・・

悪びれもせず・・・

何がダイエットしなくちゃだ!

お会計は俺なのに・・・

ダメだ・・涙が止まらない・・・

メンタルをボロボロにされた男性は思います。

この女性とは絶対にない!


しかし、男性にとってはこの経験は男性を一回り大きくさせます。

人生で辛い時、しんどい時に、あの時に比べれば!あの悲劇に比べれば!

そう思って再び前を向ける

そんな風に思います。

トモカイがお届けしています。

結婚相談所では、

1.お見合いするかしないか?

2.お見合い後お付き合いするかしないか?

3.お付き合い後、真剣交際に移行するかしないか?

4.結婚するかしないか?

という意思決定を経て結婚に至ります。

現実には、3の真剣交際(ハートマーク表示)を決断したカップルは8割以上の割合で結婚に至ります。

しかし、それはつまり2割弱のカップルがその後に別れを選択するという事でもあります。

1のお見合い時点で条件的な合意をし

2のお付き合い開始時点で、お互いに結婚候補として認識し

3のハートマークの時点でフィーリング・相性なども合意をして

お別れする・・・

3の時点のお別れは、他の時点のジャッジよりもより真剣でより切実な別れになります。

そして、その別れの原因も他とは違う特徴的なものでもあります。

せっかく真剣交際に至ったのです。

誤解やすれ違い、知っておけば避けられた破局を無くすためにも是非以下、
交際表示から破局にいたる6つの原因をご覧ください。



1 金銭感覚の違い


あまりに金銭感覚が違うと感じる場合は結婚を思いとどまっても良いかも知れませんね。具体的な話をするにつれ相手の金銭感覚が判明してきます。


2 結婚後の仕事に関しての相互理解が出来ない。


結婚後に仕事を続ける 続けない。 共働き 専業主婦などの話し合いや歩み寄りが出来ない事が原因であることが多くあります。



3 結婚後の住居に関しての歩み寄り


相手に多くの負担を与えるエリアを希望したり、相手の意見を聞かずに一方的に決定したり、譲る点歩み寄りが少ない等が原因になります。



4 親からの自立が出来ていない


自分の意見ではなく親の意見を優先 親の意見を聞かないと判断が出来ない。母親と姉妹のような娘や父親の支配下におかれている息子などが原因の場合が多くなります。



5 やらなければいけない事をしない。


双方の親に対する挨拶や式や旅行、引越しなどのスケジュール等、双方の都合を調整して行う部分をルーズにしてしまう事で関係が悪化してしまう事があります。


6 お互いのマリッジブルーのすれ違い

結婚前に「この選択は正しかったのか?」「この相手で本当に良かったのだろうか?」等と言う迷いは誰にでもあるはずです。
そしてこの迷いや不安は男女によって時期が違う事を認識すべきです。
男性はプロポーズ前。女性はプロポーズ後。このデリケートな時期に思いやりのない態度で接すると相手は結婚が不安になってしまいます。



交際マークは結婚へ最終コーナーを回ったのです。

上記のような部分に気をつけて、お互いに歩み寄り 話し合いを続けていくことで成婚に向かって下さい。


トモカイがお届けしています。

結婚相談所には言葉は悪いですが、世間でいう

いい女は本当に沢山います。

結婚相談所に限らず、現代日本では独身のいい女が余っているようです。

その余っているいい女たちの特徴として、

結婚へ戦略的でない

というものがあります。


例えば、現在の日本で結婚したカップルのプロポーズはどのようにして行われていると思いますか?

正確な統計がある訳ではありませんが

9合目まで女性が段取りし、最後の言質だけを男性から取る。

という形が半分以上を占めると思います。

昔のドラマのような男性が押して 押して 押して 押しの一手でプロポーズ等という形は、今の日本にはほとんどないと思って良いでしょう。

押しの強い男性が減ったのではなく、押されて結婚する女性がいなくなったんですね。

しかし、いい女たちは、それに気が付いていません。

愛情とは男性が惜しみなく降り注いでくるもの

結婚とは、男性の努力と忠誠心を見極め、安心できた場合にOKするもの

等と考えていたりするのです。

確かに、20歳位まで女性は親の愛や男性からの愛を無償で得ることができたりします。

しかし、その後は

愛情って自分が与えた分だけしか返ってこなくなるんですね。(正確には少し減って返ってきます。)

どんな女性もここで「アレ?」と思います。

そこで、これが現実なのだと理解し、恋愛や結婚に対して戦略的に考える女性は結婚へも有利に進んでいくでしょう。

しかし

「最近スランプ?」 「調子悪」 等と一時的なものだと考えて現実を見ないと結婚に対して大きく出遅れることになります。

幸か不幸か、いい女には、仕事も、趣味も、友人も、一人でも楽しい生活があったりします。

21世紀の日本には、いい女であることが結婚の十分条件にはなりませんが

結婚を戦略的に考える事が、結婚の必要条件 であることを知りましょう。

トモカイがお届けしています。

↑このページのトップヘ