豊臣秀吉の時代の堺の商人に、ルソン助左衛門って人がいました。

助左衛門はルソン(フィリピン)から壺を沢山買ってくるんですね。

ルソンでは農民が日常で使うような安い壺だったそうです。(尿瓶って説もあります)

壺が気に入った秀吉と千利休は、ルソン助左衛門から買い取り、欲しがる大名たちに高値で売り付けます。

大名たちは、素敵な壺が手に入ったと大喜び!

家宝にするって話があるんですけど・・・


女性の中に、自分の容姿を謙遜というか、自虐というか卑下して言う方が稀にいます。

「私、ブスだから」

って奴です。

これ女性が言って、得することは何にもありません。言った本人が美人であろうとそうでなかろうとです。

「私バカだから」はまだ良いです。

「私、ドジでのろまな亀だから」もまあなんとかです。

でも、「ブスだから」は誰も得しないし、言った女性はその瞬間から少しブスに見られます。

「そんな事ないよ」と返す相手も、少しうんざりしています。


女性が 「私ブスだから」 と言うのは、男性が 「俺、歯磨かねえから」 と言うのと同じようなものです。(そういうの好き?)


ルソン壺は宝物だと思えば宝物、尿瓶だと思えば尿瓶でしかなくなります。


男性がせっかく価値ある女性と認めているのです。堂々として下さい。

女性の容姿は、自分を美人だと思った所で美人にはなれませんが、自分を可愛いと思えば可愛くはなれます。

嘘じゃありません。

人間は誰でも可愛い時代があったんです。

可愛さの元は、姿かたちの美醜ではないんです。
気持ちと心が可愛ければ、その仕草、表情が男性からは可愛く見えるんです。


女性から見た男性だって

決して二枚目ではない男性でも、紳士的で堂々をした男性は素敵に見えるでしょう?

二枚目には見えなくても、素敵に見える

美人には見えなくても、可愛く見える

同じ事です。

そして

男性が理想の女性を言うとき100%

可愛い女性

と言います。

東京駅徒歩5分の結婚相談所トモカイです。