前にも書きましたが

既婚者のほとんど(8割弱)は、結婚前に0〜4人の異性と付き合い

結婚を考えた時に交際している相手と結婚しているんですね。

そこまでは問題ないとして

さらに言うと

そこから交際相手が増えるに従って、既婚率は下がるんです。

恋愛経験が豊富な方が結婚しているように思いますが、現実は逆です。

現実に、結婚前の交際人数で一番多いのは、1人

つまり最初の彼氏彼女と結婚しているんです。

最初に付き合った人と結婚したという人は、既婚者の4人に1人

さらに、全体の8割弱は交際人数4人以下で結婚しています。


意外な感じがしませんか?


結婚前の平均交際人数は5人程度になりますが、これもごく少数の交際人数20人とか30人とかいう人たちが平均を押し上げているに過ぎません。

みんな、そんなもんなんですね。

交際相手が増えると

他にもっと良い人が・・・と決断できなくなり結婚が遠のきます。

目の前に、この人なら結婚してもいいかな。なんて人がいるなら、他にもっと・・なんて考えずに、目の前の人と交際を深めジャッジすべきです。

みんなそうやって結婚していきます。

トモカイがお届けしています。