飛行機の座席は

同じ目的地に同じ飛行機の同じグレードの座席であっても

購入する方法によって料金は違いますよね。

ホテルや旅館などの宿泊施設もそうです。

買い方によって価格が異なる訳です。

どこで買っても同じ値段なのは煙草くらいですもんね。

同じものなのに値段が違う

それが

市場の歪みです。

結婚相談所もそうなんです。

同じ連盟の同じシステムでも利用料金は異なります。

料金が上がるにつれて、何かしらの期待値を含ませたサービスの提供があるように演出されますが

ハッキリ言えば、料金でサービスはほとんど変わりません。

サービスの違いは

連絡が早いか遅いか

作業が正確か雑か

紹介会員が多いか少ないか

申し込み数が多いか少ないか

プロフの記載が丁寧か雑か

アドバイスは適切か不適切か

相談員との相性が良いか悪いか

というもので

料金の違いは

広告費が多いか少ないか

人件費が多いか少ないか

固定・維持費が多いか少ないか

利益が多いか少ないか

によります。

そして

価格の内訳を

お金をたくさん払うと素敵な人と結婚できる

お金をたくさん払うとアドバイスが素晴らしくなる

と期待値を上げますが、現実はそんな事はありません。


実際に登録してみれば、すぐにわかる事です。


もちろん基本は、どうであっても自分自身が納得すれば良い話です。

同じお中元のキャノーラ油でも、包装紙が三越とイオンでは違った商品になりますしね。

なんでこんな話をするかと言うと

先日、保険の見直しをする機会があったんです。

その時に、驚いたんですね。

同じ保障なのに、保険会社によってまったく保険料が違う。

そして、

保険会社の人が、ぶっちゃけ自分の会社の保険に入っていないとか・・・

そして、それは保険業界の中では常識だとか・・

市場の歪みを知っている人が得をして、知らない人が損をする。

私は損をしていました。


結婚相談所も同じだな。と感じます。

相談所の中にいればわかることでも、ほとんどの方にとっては知らない業界・・

当会のホームページにもいろいろ書いていますので、ご覧になってみて下さい。

トモカイ